サビ石の御影石G682のご紹介

シェアする

G682のしらべ

錆御影石と呼ばれる御影石があります。中国産の錆御影石の定番と言われるG682をご紹介します。別名を「南安錆石」とも言います。公園や神社など公共の場でよく見かける種類の石材です。鉄さびのような、渋い感じの色をしています。

原産地

G682の採石場は、中華人民共和国の南部にある福建省泉州市の一地区、南安市(なんあんし)にあります。民族的英雄である鄭 成功(てい せいこう)の出身地とされています。彼は長崎県の平戸で生まれ、幼少期に南安に渡ったと言う史実から友好都市を締結しています。功績を称えた記念館や、記念碑がこの地に建てられています。この地の経済は工業では、プラスチックや磁器などの軽工業が担っています。また、農業は牛の飼育と龍眼(りゅうがん)と言う漢方の材料になる樹木を栽培しています。港湾設備も整備され、大きなタンカーでの国内外の大量流通を可能にしています。


特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

ビシャン仕上げ

錆御影と言う別名が示している通り、ベースの色が黄色から茶色をしています。鉄さびのような色合いです。以前は濃い黄色をしていましたが、大量の採石を続けてきたことにより黄色い原石は少なくなっています。色も薄くなり、最近では薄いピンクに見える物も出ています。柄は黒や濃い茶色の粒子が入っていて、構成物質の石英による半透明に見える部分もあります。石目は比較的小さいのですが吸水率は若干高いようです。傷は付きにくく、風化にも耐えることができるので、公共の場を彩る環境石材として多くが使用されています。もちろん一般家屋の屋内にも様々な所で使われます。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

色に幅があります。

大量に採石してきたことで、色に変化が出てきています。切り出された時期によって、黄色からベージュなど色見が変わっています。また、色の濃淡も幅が広くなっています。濃い黄色から薄い生成り色のような物まであり、それに従って、柄の入り方も多い少ないがあります。このような事から、たくさんの石板などを使用する時には色柄のバランスに気をつけなければいけません。しかしデザインによっては、あえてバランスを崩す施工の方法もあるようです。

適した製品

環境石材として使われます。

環境石材とは、主に屋外の利便性や美観を整えるために使われる石材のことです。

公共の場で

公園の遊歩道の敷石や、花壇の縁に敷き詰めたものを目にすることができます。また、休憩のための御影石を使ったベンチなども作られています。他にも噴水や水飲み場、駐車場の車止めなど様々な所に使用されています。風化にも比較的強いので、屋外でも十分使うことができます。

一般家庭でも

庭の飛び石や、玄関までのアプローチに敷くこともあります。この場合は表面をざらついた加工にした方が良いようです。ツヤのある加工ですと、水濡れした時に滑る危険性があります。石材ですが暖色系の色なので、柔らかい優しい雰囲気を作り出すのでキッチンテーブルなどにも適しています。

まとめ

御影石は様々な鉱物の組み合わせで成り立っています。その中の成分バランスで、色や柄が多種多様に現れてきます。成分の中の鉄鉱物が溶け出して、出てくるサビが御影石の弱点の一つです。しかし、御影石のG682の錆色はこの弱点を生かした一風変わった色合いで、渋い落ち着いた雰囲気を醸し出している御影石ではないでしょうか。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…8000円
400角…8000円
300×600…8000円
600角…13000円

ビシャン仕上げ

300角…11000円
400角…11000円
300×600…11000円

2017年3月のしらべ