中国産御影石やさしい紫色のG634のご紹介

シェアする

G634のしらべ

御影石は様々な所で使われています。基本的に緻密で硬く、高温や寒冷、風雨にも比較的強い石材です。色も白やグレーだけでなく赤や、黒、緑など多彩な色があります。G634は紫系の御影石で、屋外で使用する環境石材として活躍することが多くあります。

原産地

中華人民共和国は大変古い歴史と、広大な国土を持つ国です。漢民族をはじめ多様な民族の人々も暮らしています。その中の「客家(はっか)」と呼ばれる人々は、一風変わった家屋で暮らしています。中国南部の福建省の山岳地帯には、ユネスコの世界遺産にも登録されている「福建土楼(ふっけんどろう)」と言う集合住宅が存在しています。多くは同心円の外観と三から五階建てで、中央部分は共同スペースとして使われ、一族で数十の家族が住んでいます。中世から建て始められ、当初は様々な外敵から家族を守る役割を果たしていたので、下部の土壁は幅約二mにもなります。この土楼では現在でも多くの人々が暮らしていて、「客家」以外の人達も暮らしています。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

淡い紫の御影石です。色調は若干変わる事があり、赤紫から紫、ピンクに見えるものもあります。また、ブラウンに近い色の石もあります。全体的に色は薄目の物が多いようです。従って、表面加工の違いで色見が変わる事は少ないです。薄い紫系の中に白いぼかしのような部分と、黒い粒子が入って柄を作り出しています。稀に玉(ぎょく)と呼ばれる、大きめの黒い石が入り込んでいることがあります。石目は小さい部類に入るので、柄も小さな感じになります。

留意点

彩色系の御影石は色に注意する

G634は紫系の御影石ですが、紫は、どちらかと言えば中間色になります。加えて、天然の石ですので、全体が均一の色になるわけではありません。従って、赤紫からピンクがかった色まで幅広い色合いがあります。また、基本的に色が薄いので含有鉱物によるサビがしみ出ることもあり、赤茶色の薄い感じでブラウンに見える石もあります。そう言うことから大量に使う場合には、あまり色見が変わらないようにしないといけません。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

適した製品

建築や環境石材として、よく使われます。

環境石材
環境石材と言うのは、屋外の公園や公共の場所などに使われる石材です。御影石は緻密で丈夫な石材ですので、風雨に晒される所でも使用することができます。ベンチや車止め、橋の欄干や、名前を刻んだ親柱など様々なものが作られています。紫系ですが色が薄いので、どこに使ってもしっくりくる石材となっています。

天板
キッチンの天板も作られています。G634は薄目の色ですが、華やかでエレガントなイメージがあるので、明るいキッチンになるでしょう。もちろん天然石の高級感もあります。水濡れしても大丈夫ですが、自然の石なので撥水処理などのコーティングしたものを、お勧めします。

まとめ

中国産の御影石には、ほとんど番号が付いていて国際的にはナンバーズグラニット(Granite、花崗岩)と言われています。しかし、番号だけでは味気ないこともありますし、番号が一つ違えばまったく違う御影石になってしまいます。G634は「チャイナ・パープル」と呼ばれることもありますが、同じ呼び名の別の御影石もあります。どちらか一方だと間違うこともあります。呼び名のある御影石の場合には名称だけでなく、番号と両方を確認した方がよいでしょう。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…7000円
400角…7000円
300×600…7000円

2017年3月のしらべ