紫色の御影石G664のご紹介

シェアする

G664のしらべ

しっとりとした色合いの御影石のG664をご紹介します。閉山した山東省産の御影石、G306の代用品と言われていますが、美しい色合いは劣ることのない石材となっています。「チャイナ・パープル」、「チャイナ・バイオレット」と言う別名も持っています。

原産地

沖縄とほぼ同じくらいの緯度に位置する、中華人民共和国福建省の福州市に羅源県(らげんけん)と言う地域があります。福州市の一番北に位置します。東シナ海に面したこの地域の気候は亜熱帯気候で、年間降水量も多い土地です。主な産業は、ハウス栽培や露地での花卉栽培が活発です。バラやカーネーションなど各種の花を栽培していて、特産品となっています。特に様々な菊が多く栽培されていて、上海など大都市に出荷されています。また、花崗岩の採石量も福州市の中では最大規模を誇っています。


特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

落ち着いた色合いの紫系の御影石です。薄めの色で、ツヤ消し加工の物はピンクに近い色に見えます。紫は赤色と青色の混ざった色なので、G664も切り出された時と場所によって色の違いが出てきます。青手、赤手と呼ばれ、いわゆる赤みのある紫または青みのある紫と言った色の差があります。石目は中くらいから大きめなので、柄も多少バラつきがあります。花崗岩の構成物質である黒雲母や石英の大きさによって柄が違ってきます。大きめの石目であると言うことは、吸水率もやや高くなります。したがって、屋外使用よりは屋内に使われる方が向いているようです。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

色や柄に違いが出ます。

紫など中間色の御影石は色に違いが出てきます。青手、赤手と分けられていることからも色がかなり違うことがうかがえます。中から大きめの柄ですので、黒雲母が多ければ濃い目の色に見えます。また、石英が多いと薄く透明感のあるものに見えます。このように色や柄に差がある時には注意が必要です。天然の産物なので避けようのないことですが、施工の時に少し注意すればG664の持ち味を引き出せるのではないでしょうか。タイル状の石板を多数使う時など、デザインによってはわざとランダムに組み合わせる方法もあります。天然石であることを、逆の意味でアピールすることもできるでしょう。

適した製品

最大の魅力である紫色を生かした使い方

建材

鏡面加工のG664を壁材や玄関の上がり框に、ツヤ消しの物を床に使用される例があります。しっとりとした色合いの中に柔らかな雰囲気を醸し出してくれるG664は、屋内の雰囲気を一段と上げてくれるでしょう。全体として薄めの色なので、お部屋も明るい感じになるのではないでしょうか。

インテリア小物

タイル状の御影石をアイディア一つで、そのまま使うことができます。例えば、ノートPCの台にします。天然石の熱伝導率の低さを利用して、PCの過熱を防ぐことができます。一回り大きいサイズでしたらマウスパッドと一体化で使用できます。薄紫の色合いがデスク周りをおしゃれにしてくれます。また、夏場のクールマット替わりに、ひんやりした御影石に足をのせて暑さを凌ぐことができます。ちょっとした贅沢ですね。

まとめ

原産地の福州市には大きな港湾施設も整っていて、切り出されたG664を輸出する役割も果たしています。採石場から港が近いことで、輸送コストも抑えられ価格も抑えることができています。これからもG664を使った新しい製品が生み出されるといいですね。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…6000円
400角…6000円
300×600…6000円
600角…12000円