中国の白御影石G633のご紹介

シェアする

G633のしらべ

中国産の御影石は古くから輸入されています。当初から記号で分類されているのが特徴的です。英語で花崗岩を表すgranite(グラナイト又はグラニット)のGと採石場のある地域を示す番号で区別しています。G6~の御影石は中国で最大級の御影石の産地、福建省で切り出されています。

原産地

御影石のG633は恵安県(けいあんけん)に採石場があります。中華人民共和国の福建省泉州市の一地域です。古くから良質の花崗岩を産出している所で、多くの石材メーカーや石造品の加工場が稼働しています。また、数千年の歴史を持つ天日塩の産地でもあります。「恵安塩」と言う名のこの塩は、古来より続く製造方法が受け継がれています。海に面したこの地域では漁業も盛んで、太刀魚やイカ、ウナギなどの水揚げが豊富です。農業では果樹やサトウキビ、植物油を取るための落花生などが栽培されています。


特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

御影石と聞いて一番思いつくような石です。白御影石に分類されていますが、薄いグレーをしています。黒雲母の黒い粒子が細かく入っていて、白地に黒のドット模様のように見えます。石目は細かいので、吸水率は低い方です。したがって風化や劣化に強く、昔から屋外のいろいろな石造物に利用されています。目が小さいと硬そうですが、このG633は比較的硬度が低いので加工がしやすいため、彫刻などの細工物が多く作られています。日頃からよく目にする、御影石で出来た様々な石造品がG633を原材料とされています。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

天然石なので様々なアクシデントも起こります。

サビ

御影石は様々な岩石や鉱物によって構成されています。その中の鉄鉱物によるサビが、浮き出ることがあります。G633も稀に、このような現象が起こることがあります。鉄鉱物のサビは茶色から赤茶色なので、白い色に浮き出ると非常に目立ちます。

シミ

御影石は吸水率が比較的低いのですが、まったく水分を吸わないわけではありません。酸やアルカリを含むものなら、余計にシミの原因になってしまいます。

このような変色してしまったアクシデントは、石材の専門家にお願いするとたいていの場合は元のように綺麗にしてくれます。変色に気づいたら早めに対処するのがよいでしょう。

適した製品

昔から大量に輸入されているG633は、身近な所に使われています。

大型の石造物

神社の鳥居や手水舎(参拝する前に手や口をすすいで、身を清める所)狛犬なども細工のしやすいG633で作られています。白御影石ですので、厳かな場所にも釣り合うのではないでしょうか。

多様な小物

お餅つきに使う臼や、豆や穀物を粉にする為の石臼も白御影石で作られています。また、装飾用の小さいサイズの置物もいろいろと作成されています。最近では、お手頃な価格でコンパクトサイズのキャラクター物とか、かわいい動物のインテリア小物が売られています。

まとめ

日頃目にしていても御影石に豊富な種類があることや、名前が付いていることなどは、あまり知られていません。名前を知らなくても御影石の数々の製品は、街を彩り、生活空間を豊かに見せることは知っています。これからも様々なシーンで御影石のG633は活躍するのではないでしょうか。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…7000円
400角…7000円
300×600…7000円

2017年3月のしらべ