中国産の白御影石G439のご紹介

シェアする

G439のしらべ

中国産の御影石は、通常Gから始まる番号で流通しています。それとは別に、名前を付けた物もたくさんあります。石材を販売する上で名前がある方が、よい印象を与えるからでしょう。G439は別名や通称が何種類もある御影石です。

原産地

中華人民共和国は広大な国土を持っています。その中には、自然の奇跡とも呼べる場所もたくさんあります。今世紀になって発見され、最近になってやっと一般の人々も見ることができるようになった「丹霞(たんか)地形」と言う山々があります。この呼び名の元になった山が広東省にある「丹霞山」です。「丹」は赤や朱色を指し、「霞」は文字通りかすみです。「丹霞」とは夕焼けの意味があります。数多くの奇岩がそそり立つ山で、なにより色彩が素晴らしいのです。幾重にも重なった地層が、幾種類もの赤の色と白や青っぽく見える場所もあり、虹のように見える時があります。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

白御影石に分類されています。石目が細かいので、硬く緻密な御影石と言えます。白とグレーと黒の粒子が、ほぼ同じくらいに入って柄を作っています。白御影石は採石される場所や深さによっては、含有鉱物の作用によってわずかに色がつくこともあります。従って、青味を帯びたものや黄色味を帯びたものがあり、G439の後にアルファベットを付けて区別して売られている場合があります。生産量が多く石質も安定しているので、主に建築用の資材として使われ、ビルなどの大きな建築物にも使用されています。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

中国産の御影石はナンバーを確認してください。

中国産の御影石は、ほとんどの場合花崗岩を表すGから始まる数字が付いています。Gの次の数字は、大体において産地の「省」を表しています。同じ数字でも丁場が複数ある場合もありますが、地理的にはあまり離れた場所ではありません。しかし、商品には名前を付ける方が付加価値も上がるので、別名や通称名を付けることがあります。G439には複数の名称がつけられています。「ルナ・ホワイト」や「ホワイト・ブリーズ」、「サニー・ホワイト」など他にもいくつかの名前があります。名前が違っても同じ御影石なのです。また、同じ名前でも産地が違うこともあります。ナンバーも確認して購入することをお勧めします。

適した製品

建築石材の床壁材として、よく使われます。

水平面
床や階段などに使用されます。御影石は様々な場所に使われますが、使う所によって表面の仕上げが異なります。床などでは歩く人の安全のために、少しザラついた表面仕上げの物が使われます。石の床は水濡れした場合に滑りやすくなるので、これを防ぐためです。

垂直面
壁や柱などの化粧面に使われます。通常は、石板状の御影石を貼り付ける形で、仕上げられています。表面加工も床と違ってツヤのある仕上げも使えます。G439は緻密な御影石なので、鏡面に磨かれた場合はとても綺麗な表面になります。また、ザラついた表面加工も使って模様を作り出すこともできます。

まとめ

大地の表面が極彩色に彩られる広大な山地もあれば、清らかな白い石が地中に眠っている山もあります。白い色はどんな色とも競い合う事は無く、脇役であれば他の色を引き立たせてくれます。また、主役であっても色が重くなることがありません。G439は、その白い色で主役でも脇役でも十分通用する御影石です。
表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…7000円
400角…7000円
300×600…7000円

2017年3月のしらべ