中国産ピンクの御影石G367

シェアする

G367のしらべ

建材にはいろいろな素材の物があります。その中でも石材は太古から使われてきた素材です。加工は多少難しいですが、硬く安定した材質は建物などを作るためには格好の材料でした。最近は技術が向上し、加工機械も性能の良いものが出来たことで石材の活躍の場も増えています。柔らかいイメージの御影石のG367は、新しい使い方のできるピンクの石です。

原産地

中華人民共和国の沿岸部にある山東省煙台市は、黄海と渤海に挟まれた山東半島の北東部に位置する都市です。明の時代に海賊の出現を知らせるために狼煙を上げた場所であることが、市の名前の由来と言われています。総延長約九百kmもある海岸線を持つ地域で、古くから交易の拠点となっていました。港湾設備が整備され、現在でも貿易は盛んに行われていて多くの品物が取引されています。山東省で採石されるG367をはじめ、幾種類かの御影石もここから世界に輸出されています。また、漁業も活発で、山東省最大の漁港があります。豊富な海の幸を使った海鮮料理があり、アワビやナマコなどを代表とする海の珍味がたくさん味わえるところです。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

御影石のG367は中国産の桜御影石の代表と言われる、ピンク系の石です。その名に恥じない綺麗なピンク色をしています。基本的な花崗岩の構成鉱物を由来とする、グレーや白の部分とピンクの色がほぼ同じくらいの割合で入っています。この色の割合が、華やかな中にも落ち着きのある雰囲気を持たせています。また、黒いドットが入っていることで、石全体の感じを引き締めています。中目の石なので、柄は割合とはっきりしています。御影石の良い点は風化や劣化に比較的強いので、その点では使う場所を選ばない扱いやすい石材と言えます。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

御影石は石ですので硬く重いものです。

最近は小さいサイズの石板やオブジェが、いろいろ売られています。お部屋やお庭のアクセントにちょうど良い置物も、キャラクターものや動物をかたどった物も作られています。一段と身近になってきた素材ですが、御影石のG367は桜色と言う柔らかなイメージがあっても石です。石材はある種の金属よりも硬く、重量もあります。従って、設置、移動する場合には小さい物でも十分に注意する必要があります。落としたり、ぶつけたりした時にケガをすることや、その石造品やぶつけた対象を壊すこともあります。

適した製品

優しい色合いをインテリやエクステリアのアクセントに。

タイルのいろいろな使い方。
タイル状の石板を使って快適空間が作れます。岩石の特徴の一つに熱を伝えにくい点が挙げられます。それを利用して、ペットや足のクールマットにしたり、PCの熱を逃がすクール台に使えます。また、電気を通さず、重量があり安定している点を利用してオーディオのスピーカー台に使用できます。御影石のG367の桜色は、石材の冷たさを感じさせない良いインテリアになるでしょう。

お手頃な大きさのオブジェ
様々なお庭を彩る置物が作られています。最近では加工技術や機械の性能が良くなったことで、比較的小さいサイズでも精巧な石造品が作られています。キャラクターやかわいい動物をかたどった物、また、LEDを使った屋外照明の器具があります。

まとめ

昔は御影石を建材として使うことが大部分でした。そして、御影石のG367のような色のついた御影石はあまり使われていませんでした。しかし最近では多様な使い方が考え出され、とても身近な素材になってきました。一般では自分で加工することは難しいでしょうが、いろいろなサイズの小さめな石材が多く売られているので、アイディア次第では使い方の幅も広がっていくのではないでしょうか。