中国産のグレー御影石G332のご紹介

シェアする

G332のしらべ

濃い色のものはインパクトがあり、目立ちます。特に黒い色はどこに使っても違和感なく、どんな色と組み合わせてもデザイン性が良い色と言えるのではないでしょうか。石材にも何種類かの黒い石があります。その中で、中国から産出しているグレー系御影石のG332をご紹介します。

原産地

中華人民共和国には、いろいろな料理が昔から作られてきました。世界的に有名な料理もあります。山東省の料理は「魯菜」(ルーツァイ、ろさい)と呼ばれ、北京料理の原型と言われています。古代から塩を調味料として使ってきたことが特徴のひとつに挙げられ、塩味が強めで香りがよく、柔らかいものが一般的です。また、透明なスープと牛乳を使ったスープも特徴の一つです。中原と呼ばれる中国大陸平野部の農産物と、黄海の豊富な魚介類が山東料理を素晴らしいものにしてきました。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

黒御影石の一つですが、真っ黒ではなく濃い灰色に見えます。特にツヤを抑えた表面加工のものはグレーになります。黒雲母の黒と石英のグレーと白い長石の粒子が細かく入り混じっていて、この割合の違いで色が濃い部分と薄目の部分があります。全体的には黒っぽい砂のような柄に見えます。雲母は光をよく反射するので、特に太陽の強い光に当たると小さい粒子でもキラキラと光ります。石目はとても小さく、吸水率も低い硬い部類の御影石です。従って風雨や寒冷などの季節変化に強く、劣化しにくい石材と言えます。屋外の使用にも長期間美しさを保つことができます。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

留意点

黒は不具合があると目立ちます。

一般的に御影石は劣化や風化に強い石材と言われています。しかし、屋外使用の場合では近年の酸性雨や、主要道路のそばであれば大量の排気ガスなどで、劣化が早まることは否めません。また、温泉地の浴場には御影石がよく使われていますが、温泉の様々な成分によって不具合が生じる事があります。特に一般家庭のバスルームと違い、常に水に浸かっている状態なので比較的短時間で剥離状態やくもりが出てきます。G332のような黒い御影石は、このような状態が特に目立ちます。ほぼ元の状態に戻すこともできますが、すぐに同じ様な状態になる可能性がありますので、そのことを考慮した上で使用しないといけません。

適した製品

目立たせたい場所に使う素材として

プレート
表札やショップのネームプレート、会社などの銘版に使われます。当該の建築物で一番目立たなければならないものですので、御影石のG332の黒い色は、派手さは無くても目を引くことでしょう。また、マンションの玄関ドア付近におしゃれなプレートを取り付けている例もあります。訪れてきた人を迎える良いアイテムではないでしょうか。

天板
カウンタートップやテーブルの天板に使用されます。天然石の高級感と粋な黒い色は、その空間を落ち着いた雰囲気にするのではないでしょうか。ツヤのある鏡面加工の表面に照明の光が反射して、豪華な感じにもなります。

まとめ

一言で黒と言っても天然のものには様々な色があります。日本には昔から色を細かくわけて、名前が付いています。「漆黒」「墨色」「濡羽色」など数え上げればきりがありません。黒御影石も天然の石ですので、単に黒一色ではありません。御影石のG332も良く見れば色々な黒が見えるのではないでしょうか。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…9000円
400角…9000円
300×600…9000円

2017年3月のしらべ