中国山東省の御影石チャイナマホガニーG300のご紹介

シェアする

G300のしらべ

マホガニーと言う名の高級木材があります。加工しやすい木材ですが、なにより美しい見た目が高級品としての証になっています。御影石のG300は色合いから別名を「チャイナ・マホガニー」と呼ばれています。

原産地

中華人民共和国の北東部にある山東省に採石場があります。黄海に付き出した山東半島が大部分を占めていて、対岸は朝鮮半島になります。また、中国の二大大河の黄河の下流域になり、肥沃で広大な土地を有しています。海に面していることで、古くから交易の為の重要な地域で、海運によって街も栄えてきました。大陸からの珍しい品々も、この地域の港から出航した船が昔の日本に運んできました。現在は、輸出入のための大型タンカーも接岸できる港湾設備も整っていて、貿易の拠点としての役割を担っています。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

茶色系の御影石です。薄い茶色で黄色系の御影石は「サビ石」と呼ばれることがありますが、G300はサビ石より濃い色をしていて少し赤味があります。表面加工の種類で見た目が変わりますが、ツヤのある鏡面加工の場合は特徴がよくわかります。基本的にはブラウンとグレーが入り混じったような石で、黒い粒子が点々と入っています。しかし天然の石ですので、色や柄にムラが出るのは仕方ありません。茶色の部分が大きく広がっているものや、黒い粒子が多くあり色が濃く見える場所もあります。ツヤを抑えた表面の場合では全体が薄目の茶色に見えます。吸水率は低く劣化に強い石材となっています。

取り扱う時の留意点

ツヤのある鏡面加工はとても魅力的ですが、注意すべき点がいくつかあります。

非常に美しく色や柄の特徴をはっきりと表すことができます。しかし、使う場所には注意が必要です。一番の欠点は滑りやすいと言う事です。従って、利用する人の安全を重視すれば床や階段の踏み板の全面的な鏡面加工は避けた方がよいでしょう。ツヤを消したザラつきのある部分と併用でしたら安全も確保できるでしょう。また、傷が付いた時にとても目立つことも挙げられます。御影石は硬い部類の石材ですが、多くの人が歩く場所などでは傷も付きやすくなります。専門家にお願いして磨き直せば元の美しさを取り戻すこともできますが、費用と時間もかかります。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

適した

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

製品

周りを明るくできる色です。

建材として
ツヤを出したG300を壁や門柱になど垂直面に使い、ツヤ消しの滑りにくいものを床や階段など水平面に使われます。吸水率が低く屋外で風雨に晒されても、すぐに劣化することもなく天然石の高級感が建物のグレードアップに役立つでしょう。

環境石材
屋外の庭や公園などの様々な場所に使われている石材を「環境石材」と言います。花壇の仕切り部分や緑化のためのプランター様の物、駐車場の車止めなど数え上げると、とても多くの物が御影石で出来ています。G300は柔らかい色合いなので、自己主張することはありませんが、周りの空間を温かい雰囲気にできるのではないでしょうか。

まとめ

丁場が輸出するのに便利な港に近いため、短期間で多くの採石が行われてきました。輸送コストが低いため比較的安価で取引されることも、大量に切り出される一因となっています。そう言う事から山の形が変わってくることもあり、環境保護を訴える人々もいます。御影石も限りある天然の資源であることを念頭に入れ、大事に使っていきたいですね。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

300角…10000円
400角…10000円
300×600…10000円
600角…17000円

2017年3月のしらべ