白い大理石アジャックスのご紹介

シェアする

アジャックス(Ajax)のしらべ

大理石のアジャックスは、白地を基調とした石の表面に、グレーの線柄が流れる石材です。各石材によっては、石表面に流れる線柄に違いが見られるなどの個体差が生じます。このページでは、格調高いギリシャの銘石として知られるアジャックスについてご紹介します。

原産地

大理石のアジャックスは、ギリシャ北東部に位置する東マケドニア・トラキア地方で採掘されています。東マケドニア・トラキア地方は、ブルガリア南東部、トルコ西部、ギリシャ北東部の3ヵ国にまたがる、バルカン半島南東部一帯を呼ぶ際の歴史的地域名です。

東マケドニア・トラキア地方には、基礎自治体であるペリフェリアという行政区が20以上存在しており、なかでもこの地方で最大の都市を構成するのは、人口6万人を超えるカヴァラ県の中のニキシャニというところです。県内に属するエーゲ海上に浮かぶタソス島では、温暖な地中海性気候を生かして、オリーブやワインなどの生産の他、牧畜、漁業が営まれています。

またタソス島では、白系の美しい大理石であるタソスホワイトが採掘される石材の産地としても有名です。アジャックスとよく似た石のボラカスホワイト(別名ドラマホワイト、ドラマチックホワイト、レックスベナート)の産地はドラマ県で、アジャックスの産地はカヴァラ県です。このようにギリシャは世界有数の白系大理石の名産地なのです。

特徴

本磨き

大理石のアジャックスは、白地を基調とした石の表面に、薄いグレーの流れ模様が走る石材です。表面に見られるグレーの流れ模様は、各石材によって線柄の違いが生じるため、それぞれにバラツキの生じるなどの個体差が見られますが、生産量そのものは、安定した大理石となります。

市場に出回っているものの多くが、石表面を鏡面状に仕上げた本磨き加工が主流となります。さっぱりとした清澄な白地を成すことから、格調の高い清潔感のある空間を演出するには、最適の石材と言えるでしょう。

留意点

アジャックスの留意点についてご説明します。

各石材のバラツキに注意

天然の大理石であるために丁場や各石材によっては、その柄や色地にバラツキが生じます。また大理石は柔らかい素材となるため、キズや割れなどの原因に繋がることのないように、お取り扱いには十分ご注意ください。

吸水性に注意

大理石には吸水性を有する性質を備えています。石本体が水を吸収しますと、シミや汚れなどの他、表面の光沢が退色するなどの症例が見られます。また水に濡れますと、本磨き仕上げの石表面は、足元がたいへん滑りやすくなりますのでご注意ください。

耐酸性に注意

大理石は耐酸性の性質を有しておりません。お手入れの際に、酸性洗剤のご使用になりますと、石本体に変色や退色などの変調が現れますので、くれぐれも石本体が酸に侵されることのないように、注意が必要です。

使用場所

おもに屋内の壁面や床材などの他、水まわりなどの洗面台の素材としても利用されています。

まとめ

ギリシャのトラキア地方から採掘される大理石のアジャックス。白地を成した石表面がひときわ目をひく格調の高い大理石です。石表面にはうっすらとグレーの流れ柄が入りますが、鮮やかな白地を基調とする大理石のために、品位を損なうことなく、エレガントな空間を演出するには、最適の石材と言えるでしょう。