R面取りのご紹介

シェアする

R面取り

R面とは曲率のついた丸い面のことです。RはRadius(半径)の略です。

Rは好みの数字で指定できます。R面の場合通常小口は磨きます。

石材ではカウンターやテーブルの小口加工に使用されることが多いです。

通常石材の表面は本磨きなどに仕上がって糸面取りはしてありますが、見える小口は切りっぱなしで小口磨きはありません。

小口とは石材の周囲の面のことをいいます。いわゆる石材の厚みの部分です。
通常石材の厚みは以下のようになっています。

タイル状の規格品
300mm×300mm・・・厚み10mm
400mm×400mm・・・厚み12mm、13mm、15mm
600mm×600mm・・・厚み20mm

スラブ材からの製品
スラブ材(約1500~2000mm×約2500~3000mm)・・・厚み20mm、25mm、30mm、40mm、50mmなどから加工したもの