中国産白御影G430のご紹介

シェアする

G430のしらべ

中国からは、大陸の文化や様々な品物が数百年前から日本に入ってきています。そのほとんどが貴重な物や珍奇な品で、当時の権力者や富裕層に喜ばれてきました。現在もいろいろな物が輸入されています。その中には多種多様な御影石も含まれています。国産には無い色や柄の御影石もたくさんあります。

原産地

中華人民共和国の南部、南シナ海に面した地域が広東省です。「食の都」と呼ばれる地域で、主に四つの料理から成り立っている広東料理があります。世界中で中華料理として食されている一番多い料理です。豊富な海の幸に恵まれ、魚介類の乾物から採り出される旨味と薄味が特徴です。また、「飲茶」の習慣も中世には確立されていました。当時は間食として良いお茶を飲み、お茶請けとして点心を食べていましたが、最近では朝食や昼食で飲茶を楽しむ人も増えています。

特徴

本磨き

ジェットバーナー仕上げ

白御影石ですが、少し変わった石目をしています。色もグレーの部分が、薄い青味を出している物もあります。その為、「ブルー・ギャラクシー」と言う別名を使われることがあります。基本的には大部分が白い結晶ですが、グレーの結晶と黒い粒子があり、柄を作っています。白とグレーが同じくらいの大きさと量で入っていますが、所々に白の大きな結晶があり、柄を大きく変えています。この見た目がG430の一番の特徴と言えるでしょう。表面加工の違いでも見た目が変わります。特に違うのが、ツヤのある加工の場合では黒い粒子がはっきり見えますが、ツヤの無い加工ですと全体に薄いグレーに見えることです。

留意点

自然の岩石なので、わずかな隙間があります。

御影石は、学術的には花崗岩がほとんどを占めています。緻密で硬い石が多いのですが、目に見えないほどの隙間や、孔があります。花崗岩は主に長石と石英と雲母から成り立っていますが、性質の違う物質が寄り集まって出来上がっているので、どうしても隙間ができてしまいます。この隙間から水が侵入することがあり、水分によって石に含まれる様々な鉱物が酸化することもあります。これが染み出して「サビが浮く」と言われる状態になることがあります。G430は色が白いので、サビが浮くと見立ってしまいます。予防もできますし、メンテナンスもできますが、専門家に任せるのが一番です。

表面の仕上げについて

基本的に御影石には表面を研磨した「本磨き仕上げ」と、表面の鉱物をバーナーで高温にして飛ばす「JB(ジェットバーナー)仕上げ」があります。

本磨き仕上げは年月が経っても光沢が落ちにくいため外壁などに適しています。JB仕上げは表面に凸凹があり、ザラザラしているので滑りにくく、床材などに適しています。JB仕上げにすると本磨き仕上げに比べて色見が薄くなります。

この本磨き仕上げとJB仕上げの両方を使用して、壁面や床面をデザインすることができます。

適した製品

清潔感のある白い御影石です。

天板
キッチンや洗面台の天板に使われます。白い御影石なので、明るい感じになり、また、結晶の大きさがランダムなので華やかなイメージも持っています。水をよく使う場所なので、吸水によるサビが出ないように、前もって撥水処理を施した物を使われる事をお勧めします。

PCのクーラー代わりに
天然の御影石は、陽の当たらないような所ですとひんやりしています。この性質を利用してノートPCの過熱防止のための代に使います。一回り大きいサイズの石板を使えば、マウスパッドとしても使えます。ツヤのある表面なので滑りもよく、滑らかな使い心地になるのではないでしょうか。

まとめ

御影石と聞けば建築用の素材とか、神社の鳥居や石灯籠などの大きなサイズの石造品を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。以前はそのような使い方がほとんどでしたが、最近は手軽に使える物や、身近で使用する新しい製品が考え出されています。タイル状の石板一枚でも、色々な使い方がまだまだありそうですね。

参考価格(㎡単価、消費税別、運賃別)

本磨き、ジェットバーナー仕上げ共

300角…8500円
400角…8500円
300×600…8500円

2017年3月のしらべ