風水とピラミッド(Feng Shui and Pyramid)

シェアする

ピラミッドと風水理論との類似性と空間概念

風水とピラミッドは大地の空間概念は同じ。
地上空間は陽、地下空間は陰
風水は地下と同じ空間を地上に出現、ピラミッドはもう一つの来世が不可視で地下に存在
ルーブルのガラスのピラミッド(地上)と地下に向かっているガラスの逆ピラミッドが存在

ピラミッドは現世来世の心の一体空間思想、ファラオは太陽神となり、ファラオと太陽の精神的一体空間の再現
風水は天地一体空間思想、天の写しは大地、天空を含む壮大な地勢学的3次元的空間思想

ファラオは不可視のエネルギーでピラミッドの頂点から天空に向かい、太陽神となる権利を持つ。

現世での常人では玄室から天空への相関線の権利権は存在しない。

風水では玄室は「陰」の世界、天空は「陽」の世界

風水には輪廻の法則がある。天地一体ピラミッドも空間概念は同じ、
現世から来世、来世から現世の回帰空間

風水には、宇宙軸と大地の子午線上の南北軸がある。

風水は北極星
ピラミッドは星ではなく太陽、ファラオは太陽神となる。

風水とピラミッドは、大地の空間概念は同じ。
ナイル川を挟んで東は「生」西は「終」(来世)

ピラミッドはすべて西側の来世の空間に存在する。

風水とピラミッドは大地の空間概念と同じ、ナイル川を挟んで東は陽、西は陰。
ピラミッドもナイルを子午線として、陰陽空間がはっきりしている。
2次元上の陰陽空間とピラミッドの頂点が天空へ向かい3次元となる。

風水とピラミッドは大地の空間概念は同じ。
地上空間は陽、地下空間は陰
風水は地下と同じ空間を地上に出現、ピラミッドはもう一つの来世が不可視で地下に存在
ルーブルのガラスのピラミッド(地上)と地下に向かっているガラスの逆ピラミッドが存在

風水、ピラミッドは一部空間概念は同じ、ファラオの玄室に入る為には入り口が必要、風水理論ではこの開口をムーンライトゲート、月光門と呼ばれ、開口とその先の玄室は「陰」、現世の入る人々は「陽」陰陽合体の力

風水、ピラミッドは一部空間概念は同じ4つのエネルギーがピラミッドを守っている。
自然界は大きく、この代表的なドラゴンパワーが存在する。
特にスカイドラゴンはファラオの為に重要なドラゴンロードである。

ピラミッドに内包された不可視の来世の空間(内包された惑星)が位置づけされ、空間的に現実の玄室が存在する。
風水理論では代表方位は5つ(東西南北+中心)、ピラミッドの内包惑星はこの中心にあたる。

風水、ピラミッドは一部空間概念は同じ、ファラオの玄室に入る為には入り口が必要。
風水理論ではこの開口ををムーンライトゲート、月光門と呼ばれる。
開口とその先の玄室は陰、現世の入る人々は陽、これが陰陽合体の力。

ギザの3大ピラミッドは、クフ王の大ピラミッドを起点に東南へ南下している。
北からエネルギーが入り、南へ繁栄・成長していく。
必然的にクフ王の大ピラミッドを始め、お互いに南北の子午線をしっかり維持している。
お互いのエネルギーを守る為、又各々のピラミッドに付属している各神殿は、全て参道を含め、太陽が昇る東側に位置しており現世の位置にある。

風水理論は地球の自転方向と地門、天門(東南から西北)の地勢学的にも有利な流れとなり、ピラミッドも同じ地勢学的空間優位性配置がされ、ナイルのエネルギーを有利に取り込み地門を助けている。

クフ王の大ピラミッドはは附属神殿、東方墓地、西方墓地、王妃たちのピラミッドがセットされていて、権力の大きさが垣間見えます。舟抗と呼ばれる舟でクフ王が来世で太陽神となる。風水理論では死生観として舟で来世へ航行して神になる思想はなく、魂は天へ、肉体は母なる大地へ戻ると言う事です。

カフラーのピラミッドはプロテクションとして、大スフィンクスが存在する。東側に意味があり、風水理論も同じく、東側に最強の「ブルードラゴン」がセントロ(中心)を守っている。ちなみに風水理論では色彩力学上ブルーであり、東を守るドラゴンと合体し「ブルードラゴン」となる。

クフ王の大ピラミッドから3番目のピラミッド、基本的にはピラミッドの形式法則にのっとっており、規模は小さいが王妃たちのピラミッドが配置されている。
3大ピラミッドに共通している東西南北がしっかりと正体され、風水理論と同じだが、風水理論の2次元に対し、ピラミッドは天空への次元が存在する。