ライムストーンのらせん階段

シェアする

ライムストーン(石灰岩)のらせん階段(イングランド北西部のチェシャー州)

石種 フレンチ・コムブ・ブルネ(フランス産石灰岩)

石材を階段の一次構造にするために、構造の各段階で応力の流れを計算するため、複数で詳細な3D解析モデルを構築しました。これと組み合わせて、予測された解析結果が実際の階段と確実に一致するように、スケールモデルとフルサイズの両方のテストが行??われました。

階段は、2本のケーブルを22の石材に通すことによって機能します。これらのケーブルは、6.6トンの階段を安定に保つため、それぞれ150kNに油圧で張力をかけられました。弦が十分に引っ張られたときに頑丈な構造になります。螺旋形状に加えて他の多くの複雑な力が作用しますが、それらを克服しなければなりません。

しかし、実際には、建築物の安定性の最大部分はスチールロープではなく、石段の質量に依存します。これらの石段は重力と上下のアンカーによって静止します。その原理は、建築物全体が重力によって静止する、くさび形のキーストーンが最後に設置されるアーチの橋からも知られています。

Webb Yates エンジニア

写真 Agnese Sanvito