ミラノ エクセルシオール・ガリアホテル

シェアする

ミラノのエクセルシオール・ガリア・ホテル(Excelsior Gallia Hotel)は、1932年にアールデコ建築とインテリアデザインの名品「Palazzo Gallia」としてオープンして以来、豪華さが残っていました。2015年のエキスポのために近代化され、再開されました。改装は、ミラノの建築家でありデザイナーでもあるMarco Pivaによって行われました。

近代化された8000㎡のエリアには、約30種類の大理石が使用されています。

上から下へ、Marco Pivaが7階建ての建物で大理石をどのように使用したかを見てみましょう。

カラタラスイート(1泊2万ユーロで予約可能)を収容する上層階には、スイミングプールのほか、数多くの健康・ウェルネス施設もあります。

Pivaはプレス報道によると、プールを収容するための水滴の洞穴を模倣しました。彼は一般に公開された「魔法と幸福の気持ち」を作り出しました。

上層階にはヒマラヤの塩のスチームルームもあり、温かい水蒸気には塩とエッセンシャルオイル(写真の上)が豊富に含まれています。

階段を上って、ホテルのゲストはスパにアクセスできます…

…温浴のためにカリディアリウムに行くことができます。ここでも、Pivaはプレスリリースによると、「絶対的な幸福」の「魔法のような」雰囲気を作り出しました。官能的なシャワーや氷の落下など、数多くの要素が、最先端の健康技術を提供しています。

下の階とロビーでは、大理石が飾られています。Pivaの目的は、「現代デザインを参照し、同時に30年代のデコの記憶を維持する」ことでした。

このプロジェクトは、2016年のMarmomaccで、Archmarathon Stone Award 2018への立ち上げ時に発表されました。

自然石の使用をランダムに描いた写真をいくつか紹介します。

[Not a valid template]

スタジオマルコピヴァ

写真 Andrea Martiradonna